クリスティの「邪悪の家」の感想!ポアロがエンドハウスの事件の犯人を究明する


クリスティの小説「邪悪の家」を読みました。原題は、Peril at End House

Perilとは、恐怖という意味ですが、度合いで言えば最高に怖いというような意味合いです。

恐怖の家となっているのが、エンドハウスという古い家のことです。今回は、この家のオーナーである女性が中心となった物語です。

ということで、邪悪の家を読んだ感想をまとめてみました。

邪悪の家のあらすじとは?

ポアロが宿泊先のホテル近くの家の女性オーナーから、彼女が命を狙われていることを聞かされます。

しかし、ポアロのアドバイスで呼び寄せた「いとこ」が、女性オーナーと間違われ射殺されてしまいます。飛行機事故で婚約者を亡くし悲嘆に暮れる彼女は、その後も命を狙われます。

プライドを傷つけられたポアロの捜査により、真犯人が解明される。といった内容です。

邪悪の家を読んだ感想

殺人事件は、ひとつだけですが、途中、中だるみさせずに読ませるのはさすがクリスティだと思いました。

面白いのは、他の作品でも自分が優れていることを自慢するポアロが、プライドを傷つけられ、自責の念にかられるところです。

それも二度までもなので、相当落ち込んでおり、相棒のヘイスティングズが慰めます。しかし、自分を責める言葉を発するたびに、より自慢が鼻につくと感じてしまうところがユニークでした。

本質は何か?

本当に欲しい物を手に入れるには、周囲の自分に対するイメージを本来とは別のものに作り上げることが大事だということです。

邪悪の家のラストでも、そのへんの極意が書かれていますし、真犯人がやろうとしたことも同じだと思いました。

こんな方におすすめ

クリスティにしては、ドンデン返しが大人しい気もしました。ただし、ミスリードの仕方は相変わらず、上手で騙される方も多いと思います。

じっくりと読ませるミステリーを楽しみたい方におすすめですよ。

まとめ

おそらく途中で犯人はわかると思いますが、動機となる真実はかなり驚愕です。

ただ、これも伏線がしっかりと張られていますから、じっくりと読めばわかるとは思います。

とはいえ、クリスティ作品は、最後まで楽しませてくれるミステリーですよ。