定年前後「お金」の裏ワザを読んでみた!知らないと損することがわかる!


荻原博子さんは、経済ジャーナリストとしてテレビなどにも出演されているので知っていました。

僕自身、定年が近いっていうこともあり、お金に対し、今まで以上に意識するようになり、この本を読みました。

賢く生きていくには、知っておくと得することって多いんですが、自分で調べないと誰も教えてくれません。まして役所などは積極的には教えてくれませんよね。

だから、自分で武装するしか無いのです。ということでいろいろと参考になる本ですよ。

どんな内容か?

定年前後「お金」の裏ワザという本の中身は、

各章が
・働き方
・銀行
・住宅
・保険・年金
・生活

に関することで章立てになっており、定年前後になると気になる内容を項目ごとでまとめてくれています。

各章ごとで書かれている項目のタイトルは、雇用延長などおやめなさい、とか退職金で投資なんておやめなさい、とか住まない親の家はすぐに売りなさい、個人年金に入ってはいけないなどちょっとドキっとするようなものが並んでいます。

別にどこから読み始めてもいいと思いますし、気になることから読めるので便利です。

感想

お金で損をしないこととか、こうすればお得だよっていうことは、基本的に役所、銀行、勤務先、保険会社などは聞けば教えてくれますが、黙っていても教えてくれません。

僕自身、情報を知らなくて損をした経験もあります。

なので、まずは知っておくことが大事で、次にそれを利用する、実践することで本当に得することになります。

お金をどこにどういうふうに使えば損をしないのかといったことが具体的にわかるので、ぜひ、実践できることから即、行動だと思います。

とくに定年になると退職金というまとまったお金を手にします。それをいきなり投資に使ったり、家を買うといった、いわゆる「世間の常識」的なことがいかに損かということなどがわかります。

この本は、情報弱者防止に役立つ内容だと思います。

実践するには?

定年を控えて、まずできることから実践するしかないと思います。

僕がまず行ったのは、「休眠口座」に気をつけるってことです。ネットバンクをいくつか開設していますが、全然使っていないものもありました。

ログインすらしていなかったので、すぐにログインし、取引をしてみたんです。

こういう忘れていたことを思い出させてくれて助かりました。

また、生命保険、医療保険に対する考え方も改めることができました。というのは、現在、僕、保険に入っていません。

理由は、その分お金を貯めようと思ったからと日本の健康保険でまかなえると思っているためです。周囲からは、いろいろと言われますが、この本を読み、死亡保障や医療保障について、安易に入るのではなく、しっかりと将来的に得なのかどうかを考えることができたと思います。

こんな方におすすめ

お金に対するリテラシーを高める意味で、理解しておくといいですよ。なんとなくわかった気になっているお金に対する常識が、実は間違っていたということに気づかせてくれます。

将来のお金に対する不安などがある方は、一読の価値アリです。

まとめ

裏ワザとタイトルにありますが、「お金」について意外と知らないことに気づかせてくれました。

この本を参考に、自分で調べるというクセをつけないといけないと実感できましたよ。