本を電子書籍化してみました!

電子書籍で本を読むようになったのは、僕の場合、最近です。

今でもときどき書店に立ち寄り、本を購入することはあります。ただ、以前よりも電子書籍で読む比率は高まりました。7対3くらいかな?

ところで、本の最大のデメリットは場所を取ることだと思います。作家の森博嗣さんなどは読んだ本は捨てているそうで、そのため自宅に本を保管することがないとか・・・。今は知りませんが。

逆に、京極夏彦さんは、本を捨てずにすべて保管しているようです。ご自宅の書斎には整然と並べられた書籍が図書館のように壁を覆っているのをテレビで見たことがあります。

多くの人は本は読み終わっても保管しているのではないでしょうか?僕もそうでした。ただ、中古マンションの狭い部屋ではどうしても本を置くスペースは限られてしまいます。ある程度溜まったら転売したり、捨てたりしています。

ただ、捨ててしまうとまた読みたくなったときに再度購入せざるを得ません。一度読めば、すべて頭に記憶されているわけでもないので、そんな場合はリサイクルショップで購入したりもしました。

でも、今は電子書籍化を自分でもできてしまうんですよね。

↓こんなサービスがありましたので、使ってみました。↓


自分でちまちまやる暇がないので、すべて奥様にお願いして、電子書籍化してもらいました。おかげで今まで本を置いてあったスペースは、約半分に縮小でき、なんだか部屋が広くなった気がしています。

というか、実際に広くなりました。

これからますます本の居場所はなくなるかなと思っています。リピートして読みたい本だけはどうにか保管していますが、それ以外はこのように処分でき、助かりました。