年収1億円になる人の習慣 山下誠司 ダイヤモンド社

年収1億円になる人の習慣 山下誠司 ダイヤモンド社

実は以前からネット関連のビジネスを本業以外で行っています。といってもお小遣い程度の収入ですが・・・。

そんな背景からいつか自分も年収1億へ!ってことで、購入しました。そもそも年収が1億円を超えるお金持ちは、一般庶民の普段の生活からは、めったに遭遇することがありません。なのでどんな思考や習慣を持っているのかを知るには、手っ取り早く情報が得られる本がいいと思います。

年収1億円になるために必要な習慣とは、何か?

これについての核心は、お金と時間の使い方を変えること、です。

お金と時間を自分の目的、目標の実現のために集約することです。それ以外の間違った使い方をしていると、達成できないということです。

本の「はじめに」の部分を読めば、この本の本質がズバリ書かれています。

僕自身は、あまりそういうふうな考え方はありませんが、とにかく仕事を頑張れば、年収が上がると思い込んでいる人は多いと思います。でも、そのくせ、お酒やブランド品や遊びなどにお金を使う人がいます。

自分へのご褒美とか言って、高い買い物をしたりとか。いわゆる自己満足や見栄のための浪費をしていては、お金持ちにはなれないということです。これはすなわち時間に対することも同じですよね。

こういった類の自己啓発本をいろいろと読んでいる人からすれば、それほど目新しいことが書かれているわけではありません。またアースホールディングスという会社については、よく知りませんでしたが、美容業界ではかなり有名のようです。

成功したオーナーさんは、フェラーリとか持っているみたいです。書評ブログやレビューなんかを見ると、今の時代にフェラーリかよという声もあるみたいですが、あくまでもツールとして投資されているようです。

自分が乗りたいということよりも、社員に夢を持たせるための投資として購入しているようです。
その辺を理解せずに、単に物欲に目がくらんでいるので?という感想を持つのは、本末転倒でしょうね。

少なくとも僕はそう思います。世界の高級車を所有することの意味をわかっていないとのだと思います。車に限らず、時計や靴などもそうでしょうし、コーヒーを飲むお店も、おそらく高級ホテルのラウンジとかではないのでしょうか?

そういうお金持ちの体験を積むことがいわゆる年収1億円なる人の習慣につながっていくのだと思いました。

 

この本は、単純に上昇志向が強い人に向いているというのではなく、成功するために、もっとベーシックなものを求めている人におすすめです。

書かれている内容から基本的な考え方とはと分析するのではなく、単純に自分の行動レベルに落とし込み、実践することで成功への足がかりになると思います。

まずは行動という方向けです。この本に書かれていることを愚直に実践できる人、つまり習慣化できる人というのは成功へのルートを見つけられる人だと思います。

 

というのは、愚直に真似ることで、本当のお金持ちに人の目に止まり、一気に別の世界に引き上げてくれることになるからです。

なので、「成功したい」と願っている人であれば、考え方よりもまずは行動を起こそうと思う方におすすめです。