夢の叶え方を知っていますか? 森博嗣 朝日新聞出版

夢の叶え方を知っていますか? 森博嗣 朝日新聞出版

誰にも夢のひとつくらいはあるでしょう。
この本では、夢の叶え方とはってことで、いろいろと書かれています。

けど、そもそも夢とはということでアンケートをとっており、前半にそのアンケートの結果が書かれています。またそのアンケートにかかれている夢と著者が思う夢とのギャップもわかります。

多くは夢というよりも願望になっていたり、ひどく抽象的で漠然としたものを夢と捉えている感じでした。

読みながらつい笑ってしまった部分もありましたけど、案外、多くの人の持つ夢ってそんなものなのかなって改めて思いました。

転じて、自分はというと。。。たしかに金持ちになりたいとかそんな程度の夢しかもっていない部分もあり、今一度自分なりになにがしたい?というのを考えてみました。

結果、自分なりにやりたいことが明確になり、それを自分でやってみたい、作ってみたいと思うようなりました。

それが夢です。

で、そのためにお金は欠かせないものでした。つまり、お金持ちになることはあくまでも手段であって、それを使って自分が何をしたいのかってことをしっかりと言い切れるものが夢なのです。

とくに何かを作ることが夢だとあり、大いに納得できました。

 

後半は、自分の夢を実現するためにできることやアプローチの方法について書かれていました。

 

突き詰めて言えば、夢を叶えるには「とにかくやる」ことなのです。それ以外に夢を叶える方法はないようです。

何もしないのではなく、必ず毎日何かをすることで、必ず夢は叶うというわけです。
そして、無理をしないというか頑張りすぎないで、コツコツとやり続けるしかないのだというわけです。

これは夢の実現以外にも大いに汎用性のあるコツみたいなものだと思います。

 

たとえ数センチしか進めなかったとしても、確実に前身しているのであり、現状維持よりもいいわけです。

そして一度できたことは次の日もまたその次の日も行動していくことで、昨日よりも前に進んでいることになります。そして、前進したらまた違う世界が見えてくるのです。

このようなことが書かれていて、読みながらも非常にためになる内容で、気になった部分は何度も繰り返して読んでいます。