今更ながらの電子書籍

今更ながら、電子書籍で本を購入しました。本格的に電子書籍を買うようになったのは、ほんの1ヶ月前ほどからです。

立て続けに3冊ほど購入しました。

私はそれまでは断然紙の本派でした。

とはいえ、電子書籍は2年前くらいに一度買ったことがあります。ただ、そのときは電子書籍でしか読めない本だったので仕方なくというか、他に選択肢がないため、電子書籍で買わざる得なかったのです。

それ以来、電子書籍を購入したことはありませんでした。

他にも電子書籍を敬遠していた理由は、タブレットを持っていないので、スマホではどうしても画面が小さいから読みづらいのではという先入観があったからです。

私が急に電子書籍に傾いたのは、本を確実に購入したいと思ったからです。

読みたい本があったので、当初は普段どおり書店へ行こうと思っていました。でも、もし書店に赴いても得たい本がなかったら。ふとそう思ったのです。私が読みたいと思っていた本は、ベストセラーでもなんでもないので、もしかしたらその書店にないかもしれない。
その場合、わざわざ車で20分ほどかけて行くのが無駄になるわけです。(その書店はショッピングセンターにある書店である程度在庫量も充実しています。)

そう思えた瞬間、スマホにインストールしているキンドルで、購入していました。

もうほんの数秒で、即、読み始めることができたのです。

スマホの画面で読む活字は、案外読みやすかったのです。片手でページもめくれるし、スマホであればいつでもどこでも読めます。

本のようにかさばることもないので、かなり便利!!

完全に食わず嫌いですよね。

気になる箇所は即、ブックマークできるし、傍線もひけます。

ただ、書店へ行くのは自分が知らない本に出会うためですので、そういう用途で書店には行こうと思いますが、タイトルなり著者がわかっていて、読みたい本は電子書籍の方が便利です。

当然、読み終わった本を置くスペースもいらないし、使い勝手がいいです。

それに気になる本はバンバン購入できるので、読書量も増えそうです。