あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 高嶋美里

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 高嶋美里 角川フォレスタ

 

どんな人間にも絶対的に平等なことというのは、死ぬことと時間です。死は必ず訪れるし、時間は1日24時間と決まっています。

なので、いかにして時間を効率的に使うかで同じ24時間でもできることの量や内容が違ってきます。

この本は、整理術に超がつくわけで、徹底した整理方法を指南している本です。実際僕もこの本にかかれていることを実践し、時間の使い方を改善できました。

書類やメール、ファイルなどを探す時間って本当にもったいないですよね。塵も積もれば山となるで、たかだか数分かもしれないけど、まとまれば数十分とかになります。で、その時間をなくすだけでも、時間が生まれるわけです。

身の回りの整理、情報の整理、頭の中の整理ができてくれば、できることって本当に増えます。

この本で実践してみるといいのが、自分の時間を把握することです。分単位で自分が何をしたのかをすべて記録していきます。そうすると自分がどの作業にどれくらいの時間を使っているのかが把握できるようになるし、何もせずにぼーっとしている時間とかが本当にもったいなく思えてくるし、そのうち、トイレに行く時間さえもかかりすぎだと思え、どうにかして短縮しようという気になります。

あと、自分がどんなことにどれくらいの時間を使っているのかがわかると、隙間時間を上手に使えるようになります。5分あればメールの返信が2通できるとかっていうぐあいにです。

 

そうやって無駄がどんどんなくなっていくのはやっていてゲーム感覚でできるので、楽しさもあります。

それとメールなどはすべて定型化するのもやった方がいいです。ビジネスのメールって、冒頭にいちいち「お世話になります」とかって入れるじゃないですか。

この本を読んで、僕も、「お」と入れるだけでお世話になりますと出てくるように短文登録しています。

 

コピペするよりも断然速いです。

まぁ、そんなふうにして24時間をいかに上手に使うかが徹底的に身につく本ですよ。

ちなみに著者の高嶋さんって、ふつうの主婦から、またたくまに大成功した女性です。