知の整理術 pha

知の整理術 pha 大和書房

phaさんという方は、京大出身のニートとして、以前から名前だけは知ってました。定職につかずとも本を出版できるような生き方に、興味があったのとインプットとアウトプットをどういうメソッドで行っているのか気になり、読んでみました。

自分にストレスなく、無理をせずに楽しみながら、続けることで何か形あるものを作り出せる方が、生き方としては強いのではと思えました。

世の中的には、一所懸命に頑張る、というか一生懸命に頑張ることが良しとされる考えが多数ですけど、phaさんの生き方は、頑張らずに楽しみながらというのが基本です。

頑張らずに楽しみながらというのは、多くが憧れる生き方だと思うけど、それを実践できている人は少ない。

ただ、実践するうえで、そのためには知識を持つことが大切であり、知識を身につける方法として、いかに無理せずに習慣化していくかを実践しているわけです。

無理なく続けること。

簡単そうで続けるということは結構難しいと思う。でも、継続したものは、やはり強いんですよね。

そう感じた本でした。