スピリチュアル・マーケティング ジョー・ヴィターレ

スピリチュアル・マーケティング ジョー・ヴィターレ 訳 白川貴子 VOICE

これはアマゾンで購入しました。ある情報筋からこの本の存在を知り、ネットで購入した次第です。

まずタイトルがいいですよね。スピリチュアルとマーケティングってイメージとしては相反するものですが、それが組み合わさっているということで、なんだかワクワクします。

内容はいわゆる「成功法則」本というものです。シンプルに自分が望むものを明確にし、その意識を明晰にし、あとは直感に導かれるがままにすれば、願望が叶うというものです。
興味がある方は読んでみるとおもしろいかもしれません。

僕は単純にこの手の本が好きで、読みました。実際にやってみないとわからないでしょうが、こういうことをシンプルに実践してみるのも悪くないと思います。

おもしろいじゃないですか?

やってみて願望が叶えば、ラッキーですし、たとえ叶わなかったとしても別に損するわけでもありませんからね。

世の中って意外とシンプルです。成功に限らず、なんでもそう思います。

人生で成功している人たちが言うには、「すべての答えは道端に落ちている」わけで、別に裏側に隠れていたりするものじゃないそうです。

それに気づき、そしてシンプルに行動してみること。
これです。

スピリチュアル・マーケティングのファーストステップとして、まず「望まないこと」を明らかにするとあります。

自分が望むことばかりに目を向けるのではなく、まずは自分が望まないこと、やりたくないことは何かを明確にしていきます。

そうすると面白いことに自分が望まないことは、皮肉にも自分が今やっていることではないんですよね。

僕もこれはリスト化してみましたけど、いきなり今自分がどっぷりと浸かっている日々の生活、仕事はやりたくないことなんです。

おいおいって感じでした。

では、どうしてやりたくないことをずっと続けているのかと言うと、要するに生活のためだったりするわけで、そう考えると奴隷化した毎日なんだってことに気づきました。

あぁ、僕はやりたくないことを生活のために続けていたんだって気付かされました。

そこから自分がどうなりたいのかが明確になるわけです。
自分探しの旅などに出なくても、自分のやりたいことというのはこうやって発見できるわけです。

この本156ページ程しかないので、読む時間も1時間くらいで読めました。

あとは具体的に実践してみるだけです。かなり面白く感じ、実践してみようと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク