「逆算手帳の習慣」を読んでみた!中身はこんな内容です。

「逆算手帳の習慣」をレビュー!どんな中身なのか

コボリジュンコさんの「逆算手帳の習慣」という本を読んでみました。

すっごく簡単にどんな中身かを説明すると、

夢や願望を叶えるためには、いつまでに達成するといった目標を立て、そこから逆算していき、現在の自分とのギャップや差異を認識し、なにが足りないなにをしたらいいといったことを明確にし、行動していく。

そんな感じです。

逆算ってなにか特別な印象がありますけど、別に日頃誰もがやっていることなんですよね。

明日は何時まで◯◯で待ち合わせているから、朝、何時に起きて、家を何時に出るかって、これ逆算ですからね。

で、それを自分の夢や願望達成にも当てはめましょうということです。本当に簡単にまとめていますが、要するにそういうことです。

とかく自分の夢って、なんとなく「~したいなぁ」みたいにぼんやりしがちですが、逆算思考によって、すっきりと道筋を作ることになるわけです。

って、結構わくわくしてきますよね??

逆算手帳はどんな書き方をしたらいいのか?

そんな逆算手帳を、どうやって書いていくのかについてです。

ステップは3つだけで、最初に自分の未来をイメージしていきます。とにかくひたすら書き出す作業で、最低100個だそうです。
これ、慣れていないと結構時間がかかります。

書き出しが終わったら、少し時間を置きます。1日から1週間くらい寝かせることで、改めて見直したときに、違和感のあるものは削除です。

そんな感じでワクワクするものに注目して、願望をあぶり出していきます

で、そうやってデキたリストを「ライフビジョン」にまとめます。8つのジャンルに分け、(仕事、ライフワーク、健康というように)それぞれの項目に書き込んでいきます。

次のステップは、計画とプロジェクトです。

願望達成のための道筋をつくり、「今日やること」レベルまで落とし込んでいきます。

「ライフ逆算シート」で大まかな計画を立てていくわけです。
これにより、今の自分と未来とのギャップがはっきりしてきますので、やんなくちゃって気になりますよ。

あと、絶対にやり遂げたいことについては、逆算手帳のプロジェクトプランニングというものでさらに細分化したアクションをあぶり出し、実行していくことになります。

最後のステップは、自分で描いたビジョン達成のための意識付けです。朝はビジョンを確認するところから始めるとか、小さな達成感を得られるようにするとか、ウィッシュリストを頻繁に眺めるなどといった部分です。

より詳しい内容は「逆算手帳の習慣」で確認してみてくださいね。

逆算手帳の効果って?事例が書かれていました。

逆算手帳の習慣にかかれていることを実際にやってみた人で、どんな効果があったのかって気になりますよね。

本の最後には、実際に取り組んで、家族で夢の実現や日頃のToDoをこなしていくうえで、逆算手帳が家族間のコミュニケーションを円滑にしているとか、ダイエットに成功したとかやりたかったパン屋さん開業への足がかりができたとかが事例として書かれていました。

要するに普段、ふわふわと描いている夢を単なる夢ではなく現実化していけることになるのが逆算手帳の効果ってことになります。

ダイエットや資格取得や結婚とかなんでもいいわけで、自分がやりたいことを確実に実現するための効果があるように思いました。

逆算手帳は別のものでも代用できるのか?

実は、この「逆算手帳の習慣」に書かれていることを実践するには、「逆算手帳」を購入するのがいちばんなのです。

っていうか、コボリジュンコさんご自身の発案による「逆算手帳」をベースに書かれているのが、この「逆算手帳の習慣」なわけです。

なんだ、宣伝?

って思った方もいるかもしれません。でも、別に逆算手帳は別の手帳でもできますよね。
私は逆算手帳持っていなかったので自分の既存のシステム手帳でやってみましたよ!

逆算手帳に似たよう手帳といえば、「CITTA手帳」や「ほぼ日手帳」、「ジブン手帳」とか逆算手帳に類似している手帳があります。

どれが良いというよりも、自分が使いやすいものでいいのではないでしょうか?

逆算手帳を購入したけど、結局、citta手帳の方が良かったなんてこともありますからね。

逆算手帳を自作してみたが・・・

実際、私は見よう見まねで逆算手帳を自作してみました。

たしかに100%同じようにはできませんが、ほぼ似たようなものはできます。

ただし、かなり面倒です(^_^;)

私は普段から手帳を愛用しているので、それほど苦になりませんでしたけど、それでもはじめはかなり面倒でした。

なので、普段スマホしか使っていないという方だと、いきなり逆算手帳をしっかりと使いこなそうとすると逆算手帳で挫折するかもしれません。

「逆算手帳の習慣」にかかれていますけど、慣れないうちは、完璧さを求めずにユルく始めるのが長続きの秘訣だと思いますよ。

まとめ

自分の夢とかを確実に叶えていくのに、逆算手帳はおすすめだと思います。
逆算手帳の習慣を読んで、逆算思考を身につけることで、自分の日々の行動なども変わってきます。

行動が変われば習慣が変わることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク