「白昼の悪魔」を読んだ感想!ポアロの推理が冴えている。

アガサ・クリスティの白昼の悪魔を読みました。

ドラマ化もされているし、映画化もされているようですが、知りませんでした。そのため、文庫本の小説の方を読んでみた感想を書いています。

白昼の悪魔を読んだきっかけ

ミステリーの面白みの一つにアリバイ崩しがありますが、この作品は、アリバイ崩しが面白そうと思い、購入しました。

ほとんど島のような場所にあるホテルに宿泊している美しい女性が殺害されるのですが、宿泊者全員に鉄壁とも言えるアリバイがあるという点で、どんなトリックが仕掛けられているのかとワクワクして買いました。

ミステリーのトリックについては個人的に、大掛かりな物理トリックよりもリアリティのあるアリバイ崩しの方が好みです。

物理トリックって、どうしてもそんなことする必要あるの?って感じてしまうものも多く、ちょっとリアリティがない気がしてしまうんです。

その点、クリスティの作品は、現実的なトリックが多いと思います。
とにかく、アリバイ崩しの興味を惹かれ、購入しました。

読んだ感想

ホテルが舞台で、そこにポアロも宿泊しているという設定です。ポアロの相棒であるヘイスティングズは登場せずに、終始ポアロ単独です。

前半から、ポアロのセリフが、物語の伏線になっているのですが、これは、つい何気なく読み飛ばしてしまいがちです。

結末まで読んで、はじめて気づきました。^^;

ミステリーは、やはり結末の意外性をいかに高めるかのために書かれる物語なのだと改めて思いました。

つまり、どんな文章にも意味があるっていうことです。クリスティの作品は、さりげなく伏線が書かれているものが多いので、ついつい気づかずに進んでしまいがちです。

殺害のトリック自体は、シンプルですが、海に囲まれた島(のような場所)という舞台設定が十分に活かされていますし、それなしではでき得ないものかなと思いました。

あとは、関係者全員にアリバイがあるけど、全員疑わしい動機や背景がある書き方は、クリスティならではだと思いました。

ただ、ちょっと残念に感じたのは、邦題のセンスです。正直、やや不満です。原題が、evil under the sunですから、そのまま訳したのでしょうね。

だったら、原題のままでいいのはないでしょうか?

翻訳ものの小説全般に言えるのですが、無理に邦題にする意味がよくわかりません。
原題の方が、イマジネーションが広がるのではないかなと感じました。

エッセンスとは?

白昼の悪魔では、人間は、顔以外は似たり寄ったりなものだのが、本質だと思います。

顔以外で個々人を判別するのは、容易ではありませんし、裸にでもなれば、なおさらですからね。

そういった盲点をついた作品です。

アリバイ崩しでいちばん問題となるのは、時間ですよね。同じ時間に同じ人間が別の場所に存在することは不可能なわけで、それを可能にするには、時間をどうにかして勘違いさせるということが鍵になってきます。

そのへんを考えるとトリックを見破れる可能性も高いと思います。

こんな方に向いています

僕は、単純に意外性という部分で、白昼の悪魔は面白かったと感じました。

一見、外部の誰かが行ったとしか考えられない殺人事件ですが、実は違うという、どんでん返しは、ミステリーの醍醐味ですからね。

ミステリーで面白いのは、最後に、「そうきたか」って思わず唸ってしまうようなどんでん返しにあると思います。

その意味では、十分に面白みを感じられる作品です。

逆に、こんな方には向いてないかも

殺人事件が起こるには、しっかりとした動機がないといけないと考える方もいると思います。

個人的には、現実社会で起きている事件というのは、結構動機が曖昧なものってあると思いますので、動機に重きを置いていません。

ただ、動機が曖昧だと納得感がないという方もいると思います。白昼の悪魔における動機は、僕が感じた範囲では、ちょっと曖昧かな。

単なる金の亡者的な欲望が動機なので、ちょっと共感しにくいかなとも感じました。なので、動機を重要視される方は、不満が残るかもしれませんね。

まとめ

タイトルの白昼の悪魔は、最終的にどんな人物なのか、そして登場人物の誰のことを指しているのかをということを考えながら読むのも面白いと思います。

結末まで読めば、誰が悪魔だったのかというのがわかりますが、それを途中途中で推測しながら読むのも楽しみです。

結構、二転三転してしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク