現代を読み解くための世界史講義 神野正史

「現代を読み解くための世界史講義」 神野正史 日経BP社

この本は歴史について、もっと学びたいという気持ちから、書店を訪れたときにたまたま見つけて購入しました。世界史をもっと知りたいという気持ちにしてくれたし、内容も非常にタメになりました。

テレビなどで取り上げられている国内や世界のニュースについて、世界史の史実を例に、その本質やなぜそのようなことが起こっているのかということ考察している内容です。

本書で取り上げている内容は、憲法改正問題からベッキーの不倫騒動まで、多岐にわたりますが、世界史を理解していると、なぜそうなったのかということがよく理解できます。歴史に学ぶとは、このような本を言うのだなと痛感しました。

この本を読んで思ったのは、歴史を学ぶ上で年号や人物名など本当に些末なものだなということです。歴史を理解するということは、歴史の本質を学ぶことであり、歴史を理解していくことで今、世の中で起きている事象が、過去の何らかの事例にあてはめることができ、なぜ、そのようなことが起きているのか、そして、その結果どうなっていくのかということが予想できるのです。

特に興味深かったのは、オバマ大統領の広島訪問に関する内容です。日本とアメリカのそもそもの国民性と言うか民族性の違いは、決して相容れるものではないということです。互いの本質的な民族性の違い、価値感は、互いに理解し得ないものなのであるので、理解ではなく受け容れるという態度が必要だということです。

日本ではオバマ大統領の広島訪問の映像を見て、感動した人も多いと思いますが、あの行動にはやはり大きな意味があったのだということがよくわかります。

もっともっと世界史について学びたい気持ちになったのは、間違いありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする