夏のレプリカ 森博嗣

夏のレプリカ 森博嗣  講談社文庫

この作品は、前作「幻惑の死と使途」と同時期に起きた事件を別個独立させた物語です。幻惑の死と使途では、奇数章のみ、この夏のレプリカでは、偶数章しかありません。

幻惑の死と使途を読み終えた後、どうしてもこの作品の内容が気になり、読みました。

幻惑の死と使途(以下、幻惑)の方は、密室トリックや死体消失があったりで、派手なイメージが有りましたが、こちらはいたって淡々とストーリが進んでいきます。起こった事件は誘拐とその誘拐犯の殺害事件、さらには誘拐された家族の長男の失踪(誘拐された?)です。

探偵役の犀川助教授の登場は、後半に入ってからですし、事件の解明はほとんどが西畑という刑事の思考と西之園萌絵の推理により、進んでいきます。

ただ、これは幻惑の事件の方がどうしても捜査の比重が高いためであることで納得できます。

物語の核となる殺人事件の犯人が誰なのか?については、意外な人物でした。僕が思っていたのと違いました。(T_T)

ただ、真相に気づくには、作中で犀川が言う「誰も気がつかないのは、全員があまりにも当事者だからだ」という言葉に尽きると思います。

物事を客観することで、気付かなった部分が気づくようになるのではないでしょうか?種がわかるというか。

先に読んだ森氏のつぼみ茸ムースというエッセイで、「ネタバレ」なしで、物語を書く、それがミステリィ作家の能力。という章があります。

作者はヒントを出しながらも、ネタバレさせずに読者を先へ先へ読み進めさせていきます。

なので、ヒントを客観することで、ネタに気づくこともあるのかなと思いました。

ところで、タイトルの「夏のレプリカ」のレプリカとは、幻惑の死と使途の事件のレプリカということなのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする