レッドドラゴン(上・下)トマス・ハリス

レッドドラゴン(上・下) トマス・ハリス ハヤカワ文庫NV 訳 加賀山卓朗

自分が今まで感じたことのない経験ややりたくてもできなかったことを堂々とできるシチュエーションを思いもかけず手にした場合、人は急に戸惑うものなのかもしれない。そういうときって、素の自分が現れてしまうものなのです。

そして、愛とはシリアルキラーさえも救うものなのか?

ハンニバル・レクターシリーズの第一作目となるこのレッドドラゴンを読み終えた瞬間、そんな風に思えたのです。

満月の夜に連続して起こる「歯の妖精」と呼ばれる殺人鬼の一家皆殺し事件。元FBI捜査官のウイルグレアムは、愛する女性と離れ離れになりながらも、事件を追っていきます。このグレアムの捜査方法というのは事件現場へ赴き犯人の目線になり、犯人像をプロファイリングしていくという方法です。

前半は、このグレアム側の視点で物語が進行していくのですが、下巻に入ると、犯人の生い立ちが非常に細かく描かれていきます。そのせいか読んでいくうちに読み手はどんどん犯人の内面に引きずり込まれていき、気がつけば犯人を応援というか同情というか、そんな気持ちになってしまいます。

最後は犯人を救いたいって思えるほどに・・・。

でも、それはかなり危険なことかもしれませんよね。

作者のトマス・ハリスは、そんな危険性を察知してか、ラストでもうひと波乱起こしてくれるので、それでようやく読者は、現実に立ち還ることができ、ふっと溜息をついてしまうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする